【わたナギ6話】田所と薫がデートした水族館はどこ?

日テレ火曜ドラマ「私の家政夫ナギサさん」もいよいよ後半戦!第6話になりました!

前回の5話は、主人公の相原メイの妹とお母さんが、家政夫ナギサさんの大活躍で仲直りする感動的な回でしたね。

今回は、謎だらけのナギサさんの過去と私生活に、メイがせまります。

ところで、田所に想いをよせて「結婚を前提にお付き合いしてください」と告白をした薫でしたが、6話では水族館デートにでかけます。

その後の進展はあるのでしょうか?

そんな田所と薫が6話でデートした水族館はどこか?調べてみました。

スポンサーリンク

【わたナギ6話】田所と薫がデートした水族館はどこ?

2人がデートした水族館は、神奈川県にある八景島シーパラダイスです。

ドラマで良く使われる水族館と言えば、同じ神奈川県の新江ノ島水族館が有名ですが、八景島シーパラダイスもドラマで使われることが多くなりました。

ドラマで登場した、水族館の外観とホッキョクグマのガラス張り水槽から、八景島シーパラダイスで間違いないでしょう。
ただ、「メイ」と言う名前のホッキョクグマがいるか?どうか?は定かではないので、ぜひ確かめに行ってみて下さい!
【八景島シーパラダイス基本情報】

住所:神奈川県横浜市金沢区八景島 

電車で行く場合、海沿いの景色がきれいな「シーサイドライン」の八景島駅から徒歩すぐのところにあります。

「シーサイドライン」への接続駅は、京浜急行線「金沢八景駅」とJR根岸線「新杉田駅」です。

八景島は、八景島シーパラダイスだけの離れ小島なので、敷地が広くて海に囲まれていて、最高のロケーションなんです。
東京都内からも1時間程で行けるので、海のない東京では小さい水族館しかないため、イルカなどが見られる広い水族館を求めて訪れる人は多いです。
私は、個人的にイルカが大好きなので、ドルフィンファンタジーと言うイルカのトンネルがオススメです。
頭の上を優雅に泳ぐイルカと光が綺麗で癒されます!
他にも、イルカに触ったり、一緒に泳いだりもできます。
水族館の他に、遊園地やレストラン、アミューズメント施設やショップにホテルもあり、一日中楽しめます。
日常を忘れて楽しめる、デートにはもってこいの場所です。ぜひ、行ってみて下さい!

八景島シーパラダイスの公式サイトはこちら

スポンサーリンク

【わたナギ6話】あらすじ

ナギサさんが、ライバル会社の元MRだったことが判明。
秘密主義のナギサさんですが、メイはナギサさんの過去やプライベートに興味津々。

メイのマンションの隣の部屋に住んでいる田所は、ナギサさんが本当にメイのお父さんなのか?疑っています。

薫とデートしていてもメイのことばかり話してしまう田所は、薫に言われてメイが気になっていることに気づき始めます。

一方、メイはナギサさんの後をつけたり、仮病を使ったりして、ナギサさんの自宅に辿りつきます。

ナギサさんは、実家で一人暮らし。5年前に母親をがんで亡くしていることを知ります。
ただ、なぜMRを辞めて家政夫になったのか?は、まだ謎のままです。

ナギサさんが、忙しいメイの身体や健康について異常なほど心配をしてきて、メイはそんなナギサさんを不思議に思います。

どうやら、ナギサさんの過去の部下に仕事を頑張りすぎて病んでしまった人を見てきたからのようです。

ナギサさんのプライベートが少しわかってきましたが、来週の7話ではさらにナギサさんの過去を知ることができそうです。

そして、メイへの気持ちに気づきはじめた田所。メイとの恋に進展があるのか?も注目です。

スポンサーリンク

【わたナギ6話】に登場した「1on1」の本はこちら

上司と部下による1対1の定期的な対話の時間をもつ「1on1ミーティング」について、メイが本屋で参考資料として買っていた本は実在しました!

近年、上司のパラハラ問題なども多いため、上司と部下がコミュニケーションをとる場として、「1on1ミーティング」を取り入れる会社が増えているようです。

↓気になる方は、こちらをクリッツク

「私の家政夫ナギサさん」公式サイトはこちら

【私の家政夫ナギサさん】をコミックで読むなら、コミックシーモアでどうぞ!

四ツ原フリコ先生の原作コミック【私の家政夫ナギサさん】最新巻が読めるのは、コミックシーモアだけです!

「私の家政夫ナギサさん」の原作コミックは、今なら1~3話まで無料で読めます!

他にも無料で読めるコミックが沢山あります!

↓気になる方はこちらをクリック

スポンサーリンク