鍵山優真の父の若い頃がイケメン【画像】元オリンピック選手で現在の仕事はコーチ!顔がそっくり!

北京オリンピックで大活躍のフィギュアスケート鍵山優真(かぎやまゆうま)選手!

男子フィギュア界の新生として注目されていますね。

そんな鍵山優真さんのいつも隣にいる方が、お父様の正和さんで顔がそっくりですよね。

お父様も元オリンピック選手で、現在は息子である鍵山優真さんのコーチをしています。

鍵山優真さんのお父様の若い頃がイケメン!と言われていますので、画像や経歴についてまとめてみました。

それでは、「鍵山優真の父の若い頃がイケメン【画像】元オリンピック選手で現在の仕事はコーチ!顔がそっくり!」と題して、見て行きましょう!

スポンサーリンク

鍵山優真の父は鍵山正和!

鍵山優真の父・鍵山正和は元五輪選手!コーチで切手になるほど ...

鍵山優真さんのお父様は、鍵山正和(かぎやままさがず)さんです。

鍵山正和のプロフィール

生年月日:1971年4月12日(50歳)

出身地:愛知県名古屋市

学歴:愛知工業大学名電高等学校卒業。愛知工業大学中退。

鍵山優真の父の若い頃がイケメン【画像】

鍵山優真 ・父(正和)の若い頃の実績が凄い!元フィギュア ...

鍵山優真さんの父・鍵山正和さんの若い頃の写真がこちら。

おそらく10代の頃だと思いますが、初々しいですね。

画像】鍵山優真の父・鍵山正和の若い頃がイケメン!顔や滑り方を ...

鍵山正和さんの若い頃は、茶髪の時もありました。

お洒落なコスチューム衣装と合っていて、とてもイケメンです。

スポンサーリンク

鍵山優真の父は元オリンピック選手!

鍵山優真さんの父・鍵山正和さんは、若い頃オリンピックに2回出場しています。

・1992年アルベールビルオリンピック 13位

・1994年リレハンビルオリンピック 12位

1991年から鍵山正和さんは、全日本フィギュアスケート選手権3年連続で優勝しました。

しかし、残念ながらオリンピックではメダル獲得や入賞を果たすことはできませんでした。

でも、この時は日本人選手としては最高位の成績だったんです。

鍵山優真の父親(コーチ)がスゴい!元五輪フィギュア選手で日本代表

鍵山正和さんは、現役時代に「膝と足首が柔らかい選手」と評価されていました。

アクセルジャンプはやや苦手だったそうです。

鍵山正和さんが若い頃と比べると、日本人のフィギュアスケートはかなりレベルが高くなっていることがわかりますね。

時代は進化するものなのですね。

スポンサーリンク

鍵山優真の父は現在コーチ!

父が倒れても「頑張れた」 フィギュア鍵山優真(下): 日本経済新聞

鍵山優真さんの父・鍵山正和さんは、現在は息子の優真さんのコーチをしています。

以前は、スケート教室でのインストラクターをしていたそうです。

そのため、スケート教え方は上手そうですね。

あまり幼い優真さんと一緒に遊んであげることができなかったため、スケートリングに連れて行ったそうです。

スケートリンクに優真さんを連れて行ったことをきっかけに、優真さんはフィギュアスケートをはじめました。

スポンサーリンク

鍵山優真の父は顔がそっくり!

画像

鍵山優真さんの父・鍵山正和さんの若い頃の写真が、とても息子の優真さんに似ていますよね。

現在の鍵山優真さんにそっくりですよね。

鍵山優真の父の病気は脳梗塞?左半身に残る麻痺の状態は?【画像】 |

鍵山優真さんは父・鍵山正和さんと隣にいると、ふとした仕草や表情が似ていますよね。

スポンサーリンク

鍵山優真の父がフィギュアスケートをはじめたのは祖母の影響!

鍵山優真さんの父・鍵山正和さんがスケートをはじめたきっかけは、祖母の平川佐治子さんの影響でした。

スケート一家の始まりは、平川さんが三十代になって名古屋市内のリンクでスケートを習ったことだった。「こんな面白いスポーツはないと思って」。当時小学二年生だった正和さんを連れてリンクへ通ううち、正和さんもスケートを始めた。

「一回足を入れちゃうと抜けられないんですよ。自分の子どもがちょっといい成績を取ると、もう夢見ちゃって」。母子家庭で月三万円の月謝は負担が大きかったが、会社勤めをしながら全国大会で優勝するようになった息子を支えた。「絶対、オリンピックに出すんだ」と、夜中に手作りの衣装にスパンコールを一個ずつ縫い付けた。

引用元:中日新聞

正和さんがフィギュアスケート選手になったのは、祖母の平川佐治子さんが、習い事としてはじめたスケートがきっかけだったんですね。

母子家庭で大変な中、息子をオリンピックに出場させるために、親子で頑張って来たんですね。

まさに鍵山優真さんと正和さんも父子家庭で、二人三脚でオリンピックを夢見てやってきました。

親子3代で同じような環境で、オリンピックを目指して頑張って来たなんて、とても素敵ですよね。

スポンサーリンク