【わたどう】2話のロケ地を徹底解説!椿と七桜の手つなぎ場所も!

新水曜ドラマ「私たちはどうかしている」通称【わたどう】2話が放送されました!

もう1週間待ちきれなかったと言う方も多いのではないでしょうか?

横浜流星さんと浜辺美波さんの美男美女がダブル主演と言うことで、見ているだけでも絵になる美しさ、ストーリーも面白い、そして和菓子は美味しそう(笑)

2話は、原作同様のドロドロさが出てきましたね。

そんな2話では、お得意様の呉服店「白藤屋」が登場し、金沢の風景も綺麗でしたね。

2話に登場したロケ地を徹底調査しましたので、見ていきましょう!

スポンサーリンク

椿と七桜が手をつないで歩いていたロケ地は?

椿と七桜が「夫婦らしいことでもしてみよう」と手をつなぎながら歩いた場所は、ひがし茶屋街です。

石川県金沢市東山1丁目13番と14番の間辺りです。

美男美女の絵になる胸キュンシーンでしたね。

旅館「長谷屋」のロケ地はどこ?

旅館「長谷屋」の外観は、金沢にある料亭旅館「金城楼(きんじょうろう)」です。

創業130年を迎えた老舗料亭です。

劇中では、「金城楼」の看板部分が「旅館 長谷屋」になっていました。

企業名:株式会社金城楼


住所:石川県金沢市橋場町2番地23号

電話番号:(076)22-8188

設立年:昭和33年(創業明治23年)

お料理は、会席料理など豪華ですが、お弁当やオードブルの注文もできるそうです。

 

おせち料理も美味しそうですね。お取り寄せもできるそうです!

北陸本線「金沢」駅東口 3番のりばから城下まち金沢周遊バス12分、 橋場町(金城樓前)下車すぐにあります。

無料観光ガイド「まいどさん」による観光コースの出発地点になっています。

金沢城公園のすぐ近くなので、金沢へ観光に行かれる際立ち寄ってみるのも良いかもしれません。

料亭「金城楼」の公式サイトはこちら

スポンサーリンク

呉服「白藤屋」のロケ地はどこ?

呉服「白藤屋」は、金沢にある金澤町家情報館です。

劇中では、紫の布看板で呉服屋さんらしい外観になっていましたね。

金澤町家情報館


住所:石川県金沢市茨木町53番地

電話番号:076-208-3241

開館時間:午前9時~午後5時30分
   ※会議室の使用があるときは午後9時まで

休館日:毎週水曜日(祝日の場合はその直後の平日)
年末年始(12月29日~1月3日)

「金澤町家情報館」の公式サイトはこちら

セーラー服を着た七桜が立ち止まった橋はどこ?

セーラー服の七桜の回想シーンで登場した橋は、石川県金沢市主計町3番 浅野川に架かる「中の橋」です。

もう美少女すぎですよね。

訪れた際は、七桜になりきって写真撮影をしてみて下さい!

スポンサーリンク

【わたどう】2話のあらすじ

七桜は、15年前の当主殺害事件の真相を探るべく、古くから「光月庵」常連のお客様である呉服屋白藤屋を、注文が入ったと嘘をつき訪れる。

手土産に持っていたお菓子は、赤く染められていて、赤色に恐怖心を抱いてしまう七桜は意識を失いそうになると、椿が現れ七桜を抱きかかえる。

お姫様抱っこにキュンとした女性は、多かったのではないでしょうか?

御菓子を赤く染めたのは女将の嫌がらせで、店に戻ってからも七桜に嫌がらせをし追い出そうとする。

しかし、多喜川のすすめで、呉服店白藤屋から七桜指名で注文が入る。

椿から「光月最中」の小豆の作り方を教えられながら、新しい味を作るも、白藤屋には古くからの「光月最中」を持って行き喜ばれ、名誉挽回。

帰り道、「夫婦らしいことをしてみよう」と、椿と七桜は、手をつないで金沢の街を歩くことに。美男美女、正に絵になりましたね。

高月家では、大旦那が椿を認めないのは、女将が別の男と作った血のつながらない孫だからとのこと。

大旦那が、七桜が何の目的で高月家に来たのか?問いただし、夫婦仲が疑われたため、七桜は椿と同じ部屋で寝ることに。

椿は七桜を犯罪者の娘にした憎い相手なのに、和菓子への情熱など昔の面影を感じ、再び惹かれていく。

しかし、椿は幼い頃の七桜が現れたら「消えてもらう」と憎んでいることを知り、七桜は正体を明かせなくなります。

次回は、椿と七桜の関係がどう変化していくのか?七桜の正体はバレてしまうのか?

そして、多岐川は何者なのか?15年前の犯人は誰なのか?もう気になることだらけですね。

ドラマ【私たちはどうかしている】関連記事はこちらをクリック

スポンサーリンク

【わたどう】の見逃し配信は?

Huluオリジナルストーリー「女将の部屋」も視聴可能です

今なら、新規登録の方限定で2週間無料でお試し頂けます!

その後は、月額1,026円(税込)で見放題!

ダウンロード機能を使えば、インターネット接続なしでも視聴できるため、通信制限を気にせず楽しめます!

さらに、ひとつのアカウントで最大6つのプロフィール設定ができるので、ご家族で楽しめます!

↓↓詳しくはこちらをクリック

【わたどう】の原作コミックを読むなら?

ドラマ【わたどう】は、安藤なつみさん人気コミックの「私たちはどうかしている」が原作です。

電子コミックで読むなら、神木隆之介さんとロバートの秋山さんのCMでおなじみのRenta(レンタ)でどうぞ!

会員登録無料&月額料金不要!

1冊100円から人気コミックがレンタルできます!

↓↓詳しくはこちらをクリック

スポンサーリンク