【わたどう】最終回ネタバレ!椿の父親・犯人は誰?椿と七桜の運命は?

金曜ドラマ「私たちはどうかしている」通称【わたどう】もいよいよ最終回になってしまいました。

前半は椿と七桜の胸キュンシーンなど暖かい恋愛模様が沢山描かれていましたが、後半は当主殺害事件の椿と七桜の悲しい運命に、胸が苦しくなるシーンばかりでしたね。

最終回は、びっくりする展開ばかりで、「え~!!」と声を上げる人が続出だったのではないでしょうか?

もう怒涛の展開でしたよね!

最終回のポイントをまとめてみましたので見ていきましょう!

①お菓子対決で勝利して光月庵を継ぐのは誰?

②椿の父親は誰?

③樹を殺害した犯人は誰?

④椿と七桜は結ばれるのか?

スポンサーリンク

お菓子対決で勝利したのは、七桜でした。

椿は幼い頃に、父親の樹から教えてもらった「つばき餅」を作り、七桜は柚子の皮を使ったお菓子を作りました。

和菓子対決の後、大旦那は倒れそのまま息を引き取ってしまいました。

大旦那は、息を引き取る前に椿だけを呼び寄せました。

椿の御菓子を選ばなかった理由は「とても美味しかったけれど、自分だけに向けて作ったお菓子だったこと。縛られずにもっと自由にお菓子を作ってほしい」と告げたのでした。

椿は七桜に「ひとつだけ頼みがある。光月庵をつぶさないでくれ!」と告げて光月庵を去るのでした。

着物姿ばかりだった椿が、真っ黒のスーツを着ていましたね。スーツ姿もカッコイイ椿ですが、せつない展開となってしまいました。

椿の父親は誰?

椿の父親は、多喜川の父・多喜川秀幸でした。

やっぱり今日子と多喜川の父は不倫関係にありました。

今日子は、樹に百合子との子供ができたため離婚を切り出され、追い出されるところだったのでした。

しかし、今日子は不倫をして多喜川の父との間に子供を作って、光月庵を継がそうとたくらんでいたのでした。

そして、今日子は椿に光月庵を継がすことが、樹への一番の復讐だと思っていたのでした。

スポンサーリンク

樹を殺害した犯人は誰?

樹を殺害した犯人は、多喜川薫でした。

樹を殺したのは、椿の父親・多喜川秀幸ではなかったのです。全く予想のつかない展開にびっくりでした。

多喜川薫は、父親が今日子と不倫関係にあり、多喜川の母親が病んでいく姿を見て、今日子と自分の父を別れさせるために事件当日、光月庵に乗り込んだのでした。

光月庵に乗り込んだ多喜川は、たまたま樹と居合わせてしまい、慌てた多喜川は包丁を出し「女将はどこだ?」と叫び樹と揉み合いになり、樹を殺害してしまったのでした。

多喜川は樹を殺害してすぐ誰にも見られず出て行きました。

第1発見者となった今日子が苦しむ樹に話しかけると、樹は百合子の名前を呼んだのでした。

そのことに腹を立てた今日子は、そばにあった凶器の包丁を厨房から持ち出した百合子の包丁と差し替え、百合子を殺人者にしたてあげたのでした。

樹が殺害されたのに悲しんでいる様子がなかったのは、そのためだったのです。

今日子は、はじめ樹を殺害したのは多喜川の父だと思っていたそうですが、最近多喜川薫と会うようになり、多喜川薫が犯人だと気づいていたそうです。

今日子を殺害して自首しようとしていた多喜川でしたが、椿と七桜が居合わせます。

もうハラハラドキドキの展開でしたね。

スポンサーリンク

椿と七桜は結ばれるのか?

椿と七桜は結ばれハッピーエンドで終わりました!

あれだけ恐ろしかった今日子も、最後は一人の母親として息子の椿を思い、死んでいくのでした。

今日子の目が椿のドナーとなり、椿は目の手術を受けることになります。

椿は目の手術に成功し、七桜は抑えられない気持ちを伝えるため、椿を迎えに行きます。

椿と七桜はばったり会い、七桜は「ずっと椿がすきだった」と椿も「七桜を愛してる」とお互いの気持ちを告げ、キスを交わすのでした。

色々ありましたが、本当によかったですね!

大旦那と女将がいなくなった光月庵は、呪いから解き放たれ、椿と七桜2人で大好きなお菓子を作り、光月庵を守って行ってもらいたいです。

まとめ

金曜ドラマ「私たちはとうかしている」最終回2時間スペシャルが終わってしまいました。色んなことを詰め込んだ最終回で、驚くことばかりでした。

椿の父が、多喜川の父と言うのは原作と同じだったんですね。

しかし、まさか多喜川薫が犯人だったとは。多喜川薫が犯人だと思った方はいたのでしょうか?

自首しようとしていたのに、なぜ七桜にプロポーズをしたの?と疑問が残る部分もありますよね。

そこは置いておいて、色々ありましたが椿と七桜が最終的に結ばれて本当に良かったです。

こんなにハラハラドキドキさせられる、サスペンス要素と恋愛要素の入った面白いドラマが他にあったでしょうか?

ぜひ、【わたどう】続編も期待したいですね。

コロナ感染症対策で大変な中、キャスト、スタッフの皆様、面白いドラマを届けて頂いて、本当にありがとうございました!

合わせて読みたい!【わたどう】関連記事はこちら

スポンサーリンク

【わたどう】見逃し配信は?

Huluで【わたどう】全話一挙公開中です!

Huluオリジナルストーリー「女将の部屋」も視聴可能です

今なら、新規登録の方限定で2週間無料でお試し頂けます!

その後は、月額1,026円(税込)で見放題!

ダウンロード機能を使えば、インターネット接続なしでも視聴できるため、通信制限を気にせず楽しめます!

さらに、ひとつのアカウントで最大6つのプロフィール設定ができるので、ご家族で楽しめます!

↓↓詳しくはこちらをクリック

【わたどう】の原作コミックを読むなら?

ドラマ【わたどう】は、安藤なつみさん人気コミックの「私たちはどうかしている」が原作です。

電子コミックで読むなら、神木隆之介さんとロバートの秋山さんのCMでおなじみのRenta(レンタ)でどうぞ!

会員登録無料&月額料金不要!

1冊100円から人気コミックがレンタルできます!

↓↓詳しくはこちらをクリック

スポンサーリンク
[contact-form-7 id=”1301″ title=”コンタクトフォーム 1″]
スポンサーリンク