【恋あた】2話のロケ地は?スイーツ店やレストラン、松屋、公園も!

火曜ドラマ「この恋あたためますか」通称【恋あた】2話の放送が終わりました!

1話では、アイドルと言う夢に破れ、コンビニでアルバイトをする樹木とコンビニチェーン社長の浅羽が出会い、浅羽が樹木にコンビニ事業の立て直しのため、樹木にシュークリーム開発の協力依頼をするところから、2人の関係がスタート!

浅羽の地元の後輩でコンビニパティシエの新谷と樹木は、新しいシュークリーム作りに励み、やっと浅羽に認められるシュークリームを作ることができましたね。

2話では、新谷と樹木にさらなる試練や複雑恋模様が描かれていましたね。

そんな【恋あた】2話で登場したロケ地を調べてみましたので、見ていきましょう!

スポンサーリンク

浅羽と北川が行ったスイーツ店はどこ?

北川と浅羽が偶然遭遇したスイーツ店は、東京都の銀座にあるビューティコネクションギンザ フルーツサロンです。

コンビニスイーツの開発のために、高級スイーツ店を訪れて勉強するんですね。

親しみあるような会話から、浅羽と北川の関係が気になりましたね。

厨房がガラス張りでオシャレな店内は、お誕生日会や女子会などに利用するのも良いかもしれませんね。

Beauty Connection Ginza Fruits Salon
【ビューティコネクションギンザ フルーツサロン】

住所:東京都中央区銀座7-9-15GINZA gCUBE 2F

TEL:03-6263-8392

営業時間:11:00~20:00

定休日:火曜定休(3Fのみ木曜定休)

浅羽と北川、新谷、樹木が食事をしたレストランはどこ?

浅羽と北川、新谷、樹木の4人が食事をしたレストランは、東京都銀座にあるブルガリ イル・レストランテ ルカ・ファンティンです。

ブルガリ イル・レストランテ ルカ・ファンティン

住所:東京都中央区銀座2-7-12

TEL:03-6362-0555

「ブルガリ イル・レストランテ ルカ・ファンティン」の公式サイトはこちら

スポンサーリンク

浅羽がいた松屋はどこ?

浅羽がいた松屋は、東京都豊島区にある松屋池袋アゼリア通り店です。

窓が大きく外を見渡せる松屋でしたね。

住所:東京都豊島区西池袋5-2-10 SP-1ビル

TEL:03-5979-1651

営業時間:4時から翌2時

浅羽と樹木が電話していた公園はどこ?

浅羽と樹木が電話で話していた公園は、東京都品川区にある東品川公園です。

おもしろい形の遊具がある公園でしたね。

どうして浅羽は樹木のいる場所がわかったのか?は疑問ですが、樹木を認めてくれている浅羽の言葉は樹木にとって嬉しい言葉ばかりですね。

東品川公園

住所:東京都品川区東品川 3-14-9

アクセス:「新馬場」駅徒歩約8分

Google Map

「品川区」公式サイトはこちら

合わせて読みたい!

1話で登場したコンビニや本社ビルのロケ地についてはこちら↓↓

ドラマ「この恋あたためますか」関連記事はこちら

スポンサーリンク

【恋あた】2話あらすじネタバレ

樹木のシュークリームにライバル?

樹木が新谷と開発したシュークリームが、浅羽に認められたため商品化されると思っていたら、他に有力な企画書をスイーツ課の北川が出していたのでした。

また、コストを考えずに作った樹木達のシュークリームを予算内で作りなおし、北川が作ったシュークリームと対決し、選ばれた方を商品化することになりました。

一岡が抜けたスイーツ部

浅羽はスイーツ部から課長だった一岡を外し、シュークリーム対決が終わるまでの2週間、樹木を預かることになり、一般常識のない樹木に厳しい言葉を投げかけます。

浅羽は、一岡課長と言うカリスマがいると顔色をうかがい、他の社員が力を発揮できないと考え異動させたのでした。

一岡を異動させたことで北川ははじめて企画書を出し、商品開発に漕ぎつけたのでした。

また、最初は樹木の扱いに困っていた他の社員も、樹木のやる気に感化されていきます。

浅羽と北川の関係は?

浅羽と北川は、おそらく元恋人でしょうか?気まずい雰囲気が漂っていましたね。

北川が浅羽の手を握って「もう何も感じないね」と言うシーンもあり、意味深です。

新谷が樹木の過去を知る

酔っぱらった樹木をアパートに送ると、コンビニメンバーが勢ぞろいしていて、樹木がアイドルだったことを知ります。

樹木と一緒にシュークリーム作りをしている新谷は、樹木に惹かれているような・・・

シュークリーム対決の結果は?

シュークリーム対決の結果は、北川のシュークリームが圧勝で商品化されることになりました

悔しい思いで涙を流す樹木は、またコンビニバイトに戻る覚悟で本社を去ります。

新谷の前にいつも浅羽が・・・

新谷が勝負に負けて落ち込んでいるであろう樹木を探していると、すでに樹木の元に浅羽がいたのでした。

浅羽は、樹木を慰め社員証発行申請書を渡し、社員として採用することを示すのでした。

樹木が疲れて厨房で寝てしまったときにブランケットを取りに戻ったときも、浅羽がスーツのジャケットを樹木の肩にかけていきました。

次回

浅羽と樹木、新谷の恋模様はどうなっていくのでしょうか?楽しみですね。

合わせて読みたい!

ドラマ「この恋あたためますか」関連記事はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク