自信と自由を手に入れる★女子一人旅をはじめよう!

女子一人旅とは言っても、最初は「一人で迷子になったら、どうしよう」「知らない人に声をかけられたら、どうしよう」等、不安や心配で、なかなか一歩踏み出せないでいたりしますよね。

でも、いざ一人旅を経験すると、何でも一人でできると言う大きな自信と、自由を手に入れたような気がして、一回りも二回りも大きく成長した自分に会えると思いますよ。

ぜひ、思いきって挑戦してみましょう!私が、オススメするのは国内旅行です。海外旅行の一人旅も慣れてきたら挑戦してみるのも良いと思いますが、まずは国内一人旅!意外と日本に居ても、行ったことのない場所は沢山ありますよね。

★女子一人旅の計画をたててみましょう★

行き当たりばったりの旅が良いと言う勇敢な方もいるかもしれませんが、ここではせっかく旅をするのですから無駄に時間を過ごさないためにも、計画をたてて行くことをおすすめします。

特におすすめなのは、飛行機または列車+ホテルまたは旅館の、フリープランの旅行です!

①まずは、旅の目的と行き先を考えましょう!

例えば、有名なお城や水族館、動物園、美術館、神社等行きたい場所を探してみたり、美味しい食べ物の食べられる場所を探したり。

都道府県でも構いません。沖縄に行きたいとか、北海道に行きたいでも良いです。

または、エステサロンのあるホテル、有名な温泉の旅館等、宿泊先から決めても良いと思います。

特に思い当たらなければ、日ごろ忙しくて疲れているなら、自然に触れられる景色の良い場所を検索してみたり、「女子一人旅 おすすめ」なんて検索してみるのも良いかもしれません。

女性一人旅は、人の集まる都会の観光地だと、孤独を感じてしまうので、平日に行くことや、人の少ない田舎、自然の多い観光地を選ぶのがおすすめです。

②行きたい目的地の場所を地図で確認しましょう

一番行きたい観光施設やホテルの場所を地図で確認しましょう。その後、その一番行きたい観光施設やホテルの周辺で、他に行きたい観光施設を探してみましょう。

例えば、その観光地やホテルのHPで周辺観光地を探したり、「(地名) 観光地」なんて検索してみると良いと思います。

③おおよその観光ルートを組み立てましょう

観光施設のHPで営業時間と定休日、最寄りの駅、そして新幹線の駅や空港までの行き方を調べます。

神社や動物園等、午前中の明るいうちに行った方が良い観光地もあれば、イルミネーションや夜の屋台等、夜遅くに行った方が良い観光地もあると思います。

だいたいの観光ルートを考えておきましょう。

④旅行の予約をしましょう

「飛行機+宿泊」または「新幹線+宿泊」で検索をかけて、予約をするのが私のオススメです。

2名1室からしか予約が取れないプランもありますが、私が良く使っているサイトは、1名1室から予約が取れて、レディースルームのあるホテルもあるので、飛行機を使う旅なら、エアトリるるぶトラベルがオススメです。

新幹線等の列車を使う旅なら、日本旅行がオススメです。私がオススメする3つの旅行予約サイトは、自分の求める旅行予算とホテルのグレードがちょうど良いのかもしれません。

もっと安いプランや逆にもっと贅沢なプランもありますので、自分の好みにあった旅行サイトを色々比べて探してみるのも良いと思います。

注意したいのが、自宅最寄りの駅から始発で行っても新幹線や飛行機の出発時間に間に合わないような、予約を取らないようにしましょう。乗車案内は、旅行の時も良く使ってプランをたてています。

宿泊地は、最寄り駅から歩ける距離、または送迎バスの出ている宿泊地を選ぶと便利です。また、空港や観光地から行きやすい場所を選ぶのも良いと思います。

やっぱり温泉や大浴場のあるホテル、レディースルームのあるホテルもおすすめです。

ここで、自宅から行きと帰りの新幹線または飛行機の時間と宿泊地が決まりましたね。

⑤最終プランを決める

行きの到着地から観光地、食事場所、宿泊地へまわるルート、おおよその滞在時間を決めて、移動の列車やバスの時刻表を調べます。場所によっては、本数が少ない列車やバスもありますので、注意が必要です。

車の運転ができる方は、レンタカーを借りるのも良いと思います。

観光施設の割引クーポン等が事前に買える場合は、ネット等で先に購入しておくのも当日の時間短縮になります。

あと、考えておきたいのが、スーツケース等の観光に持っていかない荷物の預け先です。

宿泊地が駅の近くや観光ルートの近くなら、宿泊地に預けるのも良いですが、遠回りになるなら、空港や駅、観光施設から宿泊地に郵送してもらえないか?コインロッカーが近くにないか?調べておきましょう。

こうして時系列で立てたプランをノートやメモに書くか、携帯にメモして、当日持っていきます。忘れ物がないように、事前に地図や持ち物一覧表も準備しておきましょう。

⑥旅行の準備をする

持ち物一覧表を参考に出発前日くらいに準備をしましょう。観光ルートを回るイメージトレーニングをしておくと、必要なものを思い出し、忘れ物や心配事が減ると思いますよ。

事前に天気予報も確認しておきましょう。天気によっては、1日目と2日目のプランを入れ替える等、プラン変更も考えておきましょう。

⑦当日は、早めの行動を忘れずに楽しみましょう!

前日は早く寝て、あとは思いっきり楽しんできてください。

日常を忘れて楽しい女子一人旅を満喫してきてくださいね!

スポンサーリンク