暑中見舞いと残暑見舞いの時期は、いつまで?2020年

暑中見舞いは、もう出しましたか?いつまでに出せばいいんでしたっけ?もう残暑見舞いの時期かな?など・・・

毎年のことなのにふと忘れてしまう、暑中見舞いと残暑見舞いの時期や挨拶文、デザインなど、役立つ情報をまとめました。

暑中見舞いの意味は?

暑中見舞いとは、夏の季節の挨拶状です。

1年で最も暑さが厳しい時期(暑中)に、知人や友人などの健康を思いやり、無沙汰のお詫びと近況を伝えることが多いです。

残暑見舞いの意味は?

暦の上では、「秋」にもかかわらず、暑さが残る厳しい時期に、知人や友人などの健康を思いやり、近況を報告する挨拶状です。

暑中見舞いを出す時期は、いつ?

「小暑(7月7日頃)」~「立秋の前(8月7日頃)」にかけて送るのが通例です。実際の暑さより暦が基準になります。

残暑見舞いを出す時期は、いつ?

「立秋(8月8日頃)」~8月末頃までに届くように送りましょう。秋分までの間の暑さも「残暑」と言うようですが、いくら残暑が厳しくても8月末までに出すのが礼儀となります。

スポンサーリンク

暑中見舞い文例

暑中お見舞い申し上げます暑い日が続いていますがおかわりございませんかおかげさまで私どもは元気に過ごしております時節柄くれぐれもご自愛ください令和〇年 盛夏

【ポイント】

はじめに季節の挨拶語を入れます。

次に相手の安否、無事、健康などを尋ねたり、こちらの様子を伝えたり、日々の感謝の言葉や相手の健康、活躍などを祈ります。

こちらでは、相手が先で自分のことは後に書きます。

最後に日付を入れます。残暑見舞いの場合は、「令和〇年 晩夏」とすることが多いです。

☆暑中見舞い用のはがきを使うと、あいさつ文が書かれているため、利用する方が多いです。

暑中見舞いのデザイン

暑中見舞いに夏らしいイラストが入っていると、良いですよね。

金魚、花火、ひまわり、朝顔、プール、かき氷、すいか、風鈴、海

暑中見舞いの贈り物(ギフト)

かつては贈答品(ギフト)を贈る習慣はお中元、挨拶状を出すことが暑中見舞いとされてきましたが、現在ではギフトに挨拶状を添えて一緒に贈ることが主流となりました。

そのため、お中元の時期をうっかり過ぎてしまった場合は、暑中見舞いとして出せば問題ありません。

お中元と暑中見舞いの違いは?

2つの大きな違いは、時期です。お中元は7月初旬~7月中旬頃。こちらを過ぎてしまった場合は、暑中見舞いとして贈ると良いでしょう。

また、お中元は「日頃お世話になっている方に感謝の気持ちと相手の健康を気遣う気持ちを込めて贈るもの」暑中見舞いは「猛暑期に相手の健康を気遣うもの」と言われ、両方相手の健康や無事を想って贈るものと言う共通点があります。

スポンサーリンク

暑中見舞いをビジネスツールに!

勤務先の会社では、毎年暑中見舞いのハガキを配布される方も多いのではないでしょうか?

本来の暑中見舞いの意味であります「猛暑期に相手の健康を気遣う」のはもちろんですが、ビジネスツールとして、活かすのも良いと思います。

営業職であれば、取引先やお客様に、ひとこと自分や商品をアピールするために使うのも方法のひとつです。

その場合、あまりしつこく思われたり、気分を害されるようなアピールの仕方はしないように気をつけましょう。

スポンサーリンク