危険なビーナス1話のロケ地は?動物病院や矢神家・階段やマンションも!

新日曜ドラマ「危険なビーナス」1話が10月11日夜10時にスタートしました!

原作は、東野圭吾さんの同名小説で、東野圭吾さんの小説が日曜劇場でドラマ化されるのは、2010年の「新参者」以来10年ぶりだそうです。

東野圭吾さんの小説ファンは、ドラマを楽しみにしている方も多いのではないでしょうか?

主人公の手島伯朗を演じるのは妻夫木聡さん、伯朗の弟の妻と名乗る謎の美女を演じるのは吉高由里子さんです。

矢神家の複雑な家系関係や登場人物、30億円の遺産を巡る壮大なミステリーの中で、どこにでもいそうな独身獣医師の伯朗のキャラクターが、面白いと感じました。

そんな「危険なビーナス」1話に登場したロケ地を調べてみましたので、見ていきましょう!

スポンサーリンク

手島伯朗が獣医師として勤める池田動物病院はどこ?

手島伯朗が獣医師として勤める池田動物病院は、東京都世田谷区にある登録有形文化財萩原家住宅です。

萩原家住宅は大正から昭和初期に活躍した、日本を代表する建築家である 遠藤新さんによって設計された木造2階建て住宅です。

ちなみに、劇中で池田動物病院の看板に書いてある白金7丁目の住所は、白金6丁目までしかないため存在しませんでした。

登録有形文化財 萩原家住宅

住所:東京都世田谷区三宿1-15-2

アクセス:東急田園都市線 「三軒茶屋」駅(北口B) 徒歩13分
東急田園都市線 「池尻大橋」駅(西口) 徒歩12分
東急バス「三宿」徒歩4分

伯朗と楓が話していたカフェはどこ?

伯朗と楓が話していたカフェは、東京都江東区にあるロストカフェARIAKEです。
大きな窓から庭が見えるオシャレなカフェでしたね。
ロストカフェARIAKE

住所:東京都江東区有明3-3-3

アクセス:りんかい線 「国際展示場」駅 徒歩9分

営業時間:11:00〜17:00 (16:00 LO)

伯朗が楓に結婚式の話を聞きながら降りていた階段は?

伯朗が楓に結婚式の話を聞きながら降りていた階段は、東京都世田谷区にありました。
住所:東京都世田谷区池尻4-8 階段

矢神家はどこ?

矢神家の外観は、東京都文京区にある和敬塾本館です。

和敬塾本館は、昭和初期の代表的華族邸宅で、不定期に一般公開もしているようです。

和敬塾本館

住所:東京都文京区目白台1-21-2

アクセス:東京メトロ有楽町線「護国寺駅」徒歩10分

スポンサーリンク

伯朗が招かれた楓が住む高層マンションはどこ?

楓が住む高層マンションの外観は、東京都江東区にあるBEACON Tower Residenceです。
41階建て総戸数440戸の超高層マンションです。
BEACON Tower Residence (ビーコンタワーレジデンス)

住所:東京都江東区東雲1-9-43

アクセス:東京メトロ有楽町線「辰巳」徒歩9分
「豊洲」駅 徒歩12分
東京臨海高速鉄道りんかい線 「東雲」駅 徒歩13分

楓が住む高層マンションの室内は、クレストプライムタワー芝です。
クレストプライムタワー

住所:東京都港区芝1-2-1
アクセス:JR山手線・京浜東北線「浜松町」駅徒歩6分

東京モノレール「浜松町」駅徒歩6分

都営大江戸線・浅草線「大門」駅徒歩6分

都営三田線「芝公園」駅徒歩7分

伯朗と楓が矢神牧雄を待っていたエスカレーターのある場所は?

伯朗と楓が矢神牧雄を待っていたエスカレーターのある場所は、東京都千代田区にあるsola cityです。

sola city

住所:東京都千代田区神田駿河台4-6

アクセス:JR総武線・中央線「御茶ノ水」駅から徒歩1分JR総武線・山手線「秋葉原」駅から徒歩9分

都営新宿線「小川町」駅から徒歩6分

合わせて読みたい!
スポンサーリンク

「危険なビーナス」1話のあらすじネタバレ

最初、穏やかな犬や猫の映像とともに優しい妻夫木聡さんのナレーションからはじまったので、すっかりチャンネルを間違えていたのではないか?と疑ってしまいました(笑)

そんなサスペンスとは程遠い、穏やかなスタートで主人公の伯朗が務める池田動物病院の様子からはじまりました。

「ここ動物病院は、動物たちの命を守る最後の砦であり、僕の結婚相手を探す最後の砦でもある」と言うナレーションが面白いですよね。

伯朗の働く動物病院に伯朗の異父兄弟の弟の妻で矢神楓と名乗る女性が訪れ、弟の明人が行方不明になったため、楓から一緒に探してほしいと言われます。

矢神家と関わり合いたくない伯朗でしたが、「僕は、困っている女性にはめっぽう弱い自信がある。相手が美人ならなおさらだ」と言う心の声が多々でてきます(笑)

伯朗は楓から育ての父である康治が病気で寝たきりと聞き、お見舞いも兼ねて、伯朗と楓は、矢神邸に向かいます。

楓は、矢神家の誰かが明人の失踪に関わっているのではないか?と考え、矢神家の人達には、明人はアメリカにいると嘘をつきます。

しかし、楓と明人は結婚式はあげたものの、まだ入籍はしていないと言うことだったのです。伯朗と同じ様に、楓が本当に明人の妻なのか?疑わしいですね。

3億円の遺産存続の件を話し合う次回親族会に、伯朗と楓は招かれることになります。

矢神家の家系は複雑で、公式サイトの家系図を見ながらドラマを観ないと把握できませんね。

伯朗は、楓から母型の叔父と叔母である兼岩家の2人を紹介してほしいと頼まれ、2人の家に行くと画家であった伯朗の父が描いた絵が沢山残されていました。

伯朗が言うには、父が亡くなる前に描いていた絵がないので、矢神家にあるのかもしれないとのことでした。

楓は、明人が失踪した日のことを聞き出すため、2人に「電話をかけたとき何をしていたか?」と嘘の尋問をしたことに伯朗は腹を立て、「君の方がよっぽど怪しい」と告げると楓から強烈ビンタが返ってきます。

矢神家と関わり合いたくない伯朗は、楓と喧嘩したこともあり、楓を一人で矢神家の親族会に参加させます。

明人の祖父にあたる康之介の遺言には「全財産を孫である明人に譲る」と書かれていて、楓は「全て受け取る」と明人が言っていたと矢神家の親族の前で話します。

しかし、楓は矢神家の屋敷の地下室に、何者かにより閉じ込められてしまいます。

叔母である順子が、伯朗の動物病院を訪れて、楓が2人を疑ったことを謝りにきたと聞かされ、楓から閉じ込められる前に電話をもらっていたこともあり、心配になった伯朗は矢神邸に駆け付けます。

楓がいないと聞かされ、伯朗は過去に自分も閉じ込められたことのある地下室の入り口が閉じられていることを不信に思い、地下室へ駆けつけ楓を見つけ出します。

矢神邸の閉じられた部屋に康之介の遺品があるとのことでしたが、今回は開かれずに解散することになりました。

康之介の遺品の中に、伯朗の父が最後に描いた絵はあるのでしょうか?

また、楓は伯朗に、実際は明人から康之介の遺産を継ぐとは聞いていないと言うのです。ますます怪しいですね。

伯朗は、楓から楓を地下室に閉じ込めたのが牧雄で、明人を監禁しているのも牧雄ではないか?と聞かされ、牧雄から話を聞くため牧雄との待ち合わせ場所で2人は待ちます。

しかし、時間になっても牧雄は現れず、伯朗と楓は周辺を探すとエスカレーターの下で倒れている牧雄を発見し、救急車が駆け付けたところでした。

牧雄は一体誰に襲われたのでしょうか?

次回も、数々の気になる謎がどうなっていくのか?楽しみですね。

合わせて読みたい!

ドラマ「危険なビーナス」関連記事はこちらをクリック

スポンサーリンク
スポンサーリンク