広島・宮島のおすすめ1泊2日旅行☆たまには母娘旅・Part2

2日目(2019年8月9日)宮島観光

前日に買っておいた朝食をホテルの部屋で済ませ、朝早くチェックアウトして出発しました。

ホテルの部屋からフロントまでエレベータを乗り継がなくてはならないため、母はフロント前の喫煙所でタバコを吸いたかったようですが、一人で行くと迷いそうで行けず、タバコを吸わない私は、そんな時間ももったいないと思い、喫煙時間を取らなかったため、朝から母は不機嫌でした。

小さなことで喧嘩したり、言い合いになったり、似たようなエピソードは、母娘旅では、きっとあるあるですよね(笑)

広島駅⇒宮島口駅(約30分)

電車に乗って、宮島口駅に向かう車内のボックス席で、手慣れた手つきで背もたれを反対方向に変えている人を初めて見て、座る方向が変えられることに感心しました。

宮島口駅に到着したら、すぐコインロッカーにスーツケースを預け、宮島口フェリー乗り場へ向かいました。

地下歩道を通らないと行けない作りになっているようです。でも、わかりやすいので、迷わないと思います。

宮島口フェリー乗り場⇒宮島桟橋(約10分)

フェリーはJR西日本宮島フェリー宮島松大汽船の2種類あって、どちらも往復運賃360円です。交通系ICカード払いができるので、乗車券を買わずに乗れて便利です。

私達が乗ったフェリーの席は余裕があり、大型連休は混むことを予想していたので、朝早く出てきて正解でした。

フェリーは、風が気持ちよく、眺めも綺麗でした。あっと言う間に宮島に着いてしまいました。

日本三景のひとつ「宮島」に到着

「宮島」公式HPはこちら

宮島桟橋に到着して、すぐ喫煙所を見つけて、私は相変わらず暑い中待たされましたが、母の機嫌も良くなりました(笑)

嚴島神社まで10分程歩いていく道には、鹿が沢山いました。宮島からの景色も最高です。

世界遺産「嚴島神社」を参拝

「嚴島神社」公式HPはこちら

国宝・世界遺産の嚴島神社に到着。旅行の予約を取ってから、気づいたのですが、この時期大鳥居を工事中で、何ともタイミングの悪い時期に来てしまいました(笑)

まだ朝早かったため、鳥居までの海水が引いていて、人も少なかったです。海沿いは、海のステージに立っているような気持になり、暑い中でも、いくらか潮風が涼しく感じました。

また、赤い建物が竜宮城のような、とても神秘的な厳かな雰囲気を漂わせていました。

でもやっぱり、大鳥居の修理が終わってから、また来たいですね。修理が終わっていたら、海水が引いているときに大鳥居の傍まで行って見たいです

「宮島ロープウェー」で空からの景色を楽しむ

「宮島ロープウェー」公式HPはこちら

嚴島神社からロープウェー乗り場までは、バスの時間が中途半端だったので歩いてしまいましたが、約15分程でした。

ロープウェーの料金は往復で大人1,840円、小人920円です。こちらも空いていたので、紅葉谷線は相席せずに1グループ1つのロープウェーに乗れました。

ロープウェーの中は、クーラーが効いていないので蒸し暑く、ハンディー扇風機に助けられました。

途中、ロープウェーを乗り継ぐのですが、2つ目の獅子岩線ロープウェーは、30人程乗れるため、短い距離を他のお客さん達と一緒に乗りました。

さすがに真夏の暑さで、何もしていなくても汗が湧き出てきました。

ロープウェーの頂上、獅子岩駅から弥山を登る気にはなれなかったので、獅子岩展望台で景色を楽しんで、ロープウェーで降りることにしました。ここからの眺めだけでも、十分綺麗でした。

ロープウェーを降りて、宮島水族館に向かいました。道には沢山の鹿がいました。食べ物を求めて、観光客に付きまとっている鹿もいました。食べ物は、鹿のいないところで食べた方が良さそうです。

「宮島水族館」を見学

「宮島水族館」公式HPはこちら

入館料は、大人1,420円、小中学生710円、幼児400円です。そんなに大きな水族館ではないです。

一番体の大きいトドのプールは、少しせまそうでした。広島県らしく広島カープを応援する水槽もありました。イルカショーはないので、アシカショーを見ました。

イルカ好きの私は、通常のイルカがいないので、イルカの仲間スナメリの水槽を長い時間観ていました。

スナメリは、小柄で運動能力が高いため、早いスピードで泳ぎ続けているので、写真を撮るのが大変でした。

水族館で昼食を済ませてしまいましたが、フードコートの食事みたいなものしかなく、水族館を出てから食事処は沢山あったので、ちょっと失敗したなと思いました。

「豊國神社」を参拝

国重要文化財の五重塔と隣にある豊國神社に行きました。豊國神社は、通称千畳閣と呼ばれ、豊臣秀吉の死により未完成なまま現在に至っているようです。靴を脱いで上がり、参拝しました。

午後2時頃になると、嚴島神社の入り口は沢山の人で行列ができていました。

それを見て、朝早く来て良かったと思いました。大型連休等は、混む時間を予想して計画を立てることが大事ですね。

帰り道に、有名なもみじ饅頭をお土産に買いました。暑さで疲れも出ていたので、一休みしたいと思いつつも、どこも混んでいました。

広島名物「もみじまんじゅう」

posted with カエレバ

「りらっくま茶房」で一休み

たまたま見つけたリラックマカフェに寄って、大きなかき氷を頂きました。

さすがに大きすぎて、冷たさで頭がキーンとなりましたが、可愛くて美味しかったです(笑)

帰りも忘れずに、母のために喫煙所に寄ってから、フェリーに乗り、宮島を後にしました。帰りのフェリーの方が混んでいました。

宮島口駅に戻り、コインロッカーに預けていたスーツケースに、買ってきたお土産を詰めて、着替えやお風呂道具を取り出し、日帰り温泉へ。

やっぱり真夏の旅は、汗をびっしょりかくので、最後は温泉に入りたいと思い、計画しました。

駅で送迎バスを待ち、安芸グランドホテルへ向かいました。送迎バスは、宿泊者だけでなく、日帰り温泉利用者も乗せてもらえるので、とても親切ですね。

「安芸グランドホテル」で日帰り入浴

「安芸グランドホテル」公式HPはこちら

フロントで入浴料600円を支払い、入浴させて頂きました。宿泊者向けなので仕方ありませんが、鍵付きのロッカーが貴重品を入れる小さいタイプしかないのが残念でした。

夕方4時頃の入浴だったため、とても空いていました。温泉は、おしゃれな作りで、疲れた体をゆっくりほぐすことができました。

次回来たときは、こちらのホテルに宿泊したいと思いました。

送迎バスで宮島口駅に戻り、再度コインロッカーからスーツケースを取り出し、広島駅に向かいました。

宮島口駅⇒広島駅(約30分)

広島駅で、新幹線の中で食べる夕飯のお弁当とお土産を購入して、出発まで過ごしました。母の喫煙タイムも忘れずに済ませました(笑)

広島駅⇒東京駅(約4時間)

新幹線の車内放送で、自由席は混んでいてドア付近にも人が溢れていると言うようなことを言っていたので、びっくりしました。

4時間近く、新幹線で立ちっぱなしは厳しいですよね。そのため、新幹線は必ず指定席を取るようにしています。

夏季休暇中の旅行でしたので、暑さで疲れましたが、広島市内と宮島をたっぷり満喫できました。

暑さのせいもありますが、本音を言ってしまうと母を旅行に連れて行くとすごく疲れました。でも、大型連休で大勢の人の中で一人旅は孤独なので、母が居てくれて良かったとも思いました。親孝行と思えば母娘旅も良いかもしれません。広島に行くのに4時間もかかるのは遠いですが、工事中の嚴島神社大鳥居が残念でしたので、また行きたいと思いました。やっぱり有休等で平日休みが取れるなら、空いている時期に行く一人旅がおススメですね。
スポンサーリンク