紫外線対策と日焼け対策☆キレイな人はやっている!

紫外線は、漠然と肌に悪いと聞きますが、紫外線について、あまり良く知らない方も多いのではないでしょうか?

30代で紫外線のことを知らないまま、「40代50代と肌がボロボロになっていく・・・」なんて、想像したくないですよね。

そこで、こちらの記事ではどこよりもわかりやすく、紫外線について詳しく知って頂き、これからの紫外線対策に役立てて頂ける内容になっています。

紫外線のことを良く知れば、いつまでも若々しい肌でいられるのも夢ではありません。

紫外線とは?

紫外線を英語でUVと言います。

地球に到達する太陽光線のうち、波長が短く、エネルギーの高い光を紫外線と言います。

紫外線にはUVA・UVB・UVCの3種類があり、地表に届くUVA・UVBのうち、UVBが最も有害な紫外線と言われています。

気象庁のHPでも「紫外線」について書かれています⇒詳しくはこちら

紫外線による肌への影響は?

紫外線は、眼や皮膚に有害で、日焼けを起こしたり、皮膚がんの原因になります。

そして、肌のハリや弾力を失わせ、しわや、たるみ等の肌の老化を引き起こす原因になります。

年齢が増すごとに、肌の抵抗力が弱くなるため、より紫外線への注意が必要になります。

紫外線の多い時期・時間帯は?

紫外線は1年中降り注いでいますが、4月~8月がピークと言われています。

1日の中ですと、朝8時~17時くらいまで紫外線が多く、最も多いピークの時間帯は、10時~14時になります。

日が出ていない日も紫外線はあるので、1年中紫外線対策を怠ってはいけませんね。

紫外線は健康に良いこともあるって本当?

紫外線を浴びすぎるのは良くありませんが、だからと言って、暗い部屋にずっと閉じこもっていて青白い顔をした人が、健康的とは言えませんよね。

【日光浴】と言う言葉があるように、ある程度の紫外線を浴びることは、健康に良いことと言われています。

それは、紫外線を浴びることで、体内でビタミンDが生成されるからです。

ビタミンDが不足すると、カルシウムの吸収が低下、免疫力が低下したり、生活習慣病やがん等の可能性も高くなると言われています。

健康に良い【日光浴】の正しいやり方

健康に良い【日光浴】は、1日15分間、週3日程、紫外線のそれほど強くない、午前中の早い時間に行うのがオススメです。

【日光浴】するときは、日焼け止めは使わず、できるだけ肌を出した方が良いと言われています。

室外であれば、夏の暑い日は特に、直接的に太陽を浴びない日陰や木陰でも良いそうです。

私の場合、仕事や買い物で外出するときは、日焼け止めを塗った方が良いので、朝の少しの散歩や、洗濯物を干す15分だけ、【日光浴】をするようにしています。

室内での紫外線対策

室内に居ても紫外線は、窓から窓ガラスを通って室内に入ってきます。普通の窓ガラスであれば、紫外線の約70%を通してしまうそうです。

カーテンやブラインド

紫外線を反射、あるいは吸収させるものが良いでしょう。

遮光カーテンを使うと良いですが、日中は部屋の中が暗くなってしまいますので、紫外線遮光率の高いレースカーテンと合わせて使うのがオススメです。

紫外線カットフィルム

窓ガラスに、紫外線カットフィルムを貼るのも良いでしょう。

多少窓色が、青くなったり、黒くなったりしてしまうので、気になる方はカーテンでの紫外線対策をした方が良いかもしれません。

外出時の紫外線対策・日焼け対策

日傘

持ち歩いても邪魔にならない大きさの小さいものや、折りたたみ傘があります。

特に、晴れた時の日傘、雨の時の雨傘として、両用できる晴雨傘はおすすめです。

帽子

首や耳、髪の毛等の日焼けを防ぐ、できるだけツバの大きいものが、おすすめです。

紫外線対策・日焼け対策だけでなく、熱中症対策にもなります。

サングラス

人間の目は、日常生活の多少の紫外線であれば防ぐ力がありますが、長時間強い紫外線を浴びると、白内障等目が見えなくなる病気を起こす可能性もあります。

そのため、目を紫外線から守ることは大切です。

UVカットの洋服、スカーフ手袋

肌を紫外線から守るために、日に当たる肌を少しでも隠すのに効果的です。

特にUVカットのものは、紫外線を反射、または吸収させる効果があるため、おすすめです。

日焼け止め

日焼け止め商品に記載のあるSPFはUVBに対する防止効果、PAはUVAに対する防止効果を示します。

SPFは、2~50、50以上を示す「50+」と表示され、数値が大きい程日焼け防止効果が高まります。

また、PAは「PA+」~「PA++++」の4段階で、+が多い程日焼け防止効果が高まります。

☝肌に良い光は取り入れ、紫外線等の肌に悪影響な光はカットする日焼け止めです。

☝お手頃価格で、肌に優しく、日焼け後の炎症を抑える効果もあるウォータープルーフ日焼け止めジェル

UV化粧品

日焼け止めの上に重ねて化粧をつるのも良いですが、化粧品をUVカットのものに変えてみるとさらに効果的で良いでしょう。

UV美容液

UV美容液は、日焼けしてしまった肌のケアと、日焼け防止の効果が期待できるため、オススメです。

☝日焼け防止と日焼け後のケアに、日差しを浴びる前と後のケアができるボディUV美容液です。

☝化粧下地としても使えて、紫外線をカットしながら、美白ケアもできます。

日焼け止めサプリメント

日焼け止めは、汗で剥がれてしまうし、なかなか外からの紫外線対策だけでは難しいと感じると思います。

そんな女性に最近人気なのが、サプリメントで内側から紫外線対策する方法です。

☝モンドセレクション金賞受賞したこともある飲む日傘美容サプリメント。うるおい成分、ビタミン配合。

☝有名ファッション誌でも話題。パイナップルから抽出した美容成分等を厳選配合。

noUV Care White

☝美容クリニックのドクターチーム監修。日焼け防止に良い成分とアフターケア成分、うるおい成分を配合。

紫外線対策に効果的な食べ物

紫外線に効果的な食べ物を食べて、内側から紫外線ケアをすることもオススメです。

ビタミンC

メラニン色素(黒色の色素)を白色化し、シミやそばかすを防ぐ美白効果に優れています

オレンジ、イチゴ、ブロッコリー、パプリカ等

リコピン

日光に対する耐性を上げて、シミやそばかすを防ぐ効果があります

トマト、スイカ、グレープフルーツ等

βカロチン

紫外線から肌を守り肌の老化や肌荒れを防ぎます

にんじん、ホウレン草、カボチャ等

ビタミンE

肌の老化を防ぎ、血行を良くし、メラニン色素(黒色の色素)の排出を促します

アボカド、キウイ、緑黄色野菜等

亜鉛

肌の新陳代謝を活発にし、皮膚を健やかに保つ働きがあります

ウナギ等の魚類、鶏のササミ等の肉類、牡蠣、ホタテ、レバー等

アミノ酸

紫外線が肌に入る込むのを防ぐ効果やシミを防ぐ効果があります

卵、牛乳、肉類(豚、牛、鶏)、魚類等

日焼けで、【赤くなる】と【黒くなる】の違いは、なぜ起こる?

人それぞれ生まれ持ったメラニン(黒色の色素)の違いによって、日焼けにより、赤くなる人と黒くなる人がいます。

赤くなる人は、メラニン色素が少ないため、日焼けすると炎症を起こし、いわゆる【やけど】のような状態になります。

黒くなる人は、紫外線から肌を守るために、皮膚の細胞が紫外線を吸収して、黒い色素を大量につくる状態です。

日焼け後のアフターケア

日焼けして赤くなった肌は、やけどと同じ状態のため、冷たくしたタオルや保冷剤等の氷で冷やしましょう。

日焼けした肌は、固くなっているため、刺激が少ない化粧水で保湿していきましょう。

メラニンの排出効果を促し、シミやそばかすをできにくくする美白化粧品を使う

☝美白効果、うるおい効果配合。美白専用のオールインワンジェルです。

☝シミの原因に徹底アプローチ。美白、保湿、肌荒れ予防効果があるオールインワンクリーム。安心の返金保証付きです。

若い時は、日焼けや肌のケアについて、あまり関心がなかったと言う方も、健康的な日光浴と、紫外線対策・日焼け対策は、今からでも遅くありません。私も30代になり、美容、健康への意識が高まり、気をつけるようになりました。年齢を重ねても、いつまでも綺麗と言われる肌で、健康的に過ごしていきたいですね。

「熱中症予防対策」についての記事はこちら

「日焼け止めのオススメ」についての記事はこちら

スポンサーリンク