ボディケアおすすめ方法☆つるつるスベスベお肌を手に入れよう!

お風呂上りに鏡で見てみると、ちゃんと保湿しているはずなのに、いつの間にか胸や背中、腕や足にボツボツができていることはありませんか?

服を着ていれば見えないところとは言え、服で擦れたり、日中かゆくなったりして、「どうにかしたい!」と思ったことはありませんか?

どうしたら、脱いでも自信を持てる【つるつるスベスベお肌のボディ】になれるのでしょうか?

そんな悩みを抱えた女性へ、同じ悩みを抱え色々試してきた私の、ボディケアおすすめ方法をご紹介したいと思います。

お風呂でのボディケアおすすめ方法

お湯で体を流す

まず体を洗う前に、体の表面についている汚れや皮脂を、シャワーやかけ湯で洗い流します。そうすることで、ボディーソープの泡立ちがよくなります。

ボディーソープを泡立てる

濡らしたボディータオルにボディーソープを取り出し、円を描くようによく泡立てます。ボディータオルは、肌に刺激の少ない柔らかい素材を選びましょう。

汚れの多い体の中央から洗う

最初の泡立ったタオルは、汚れがよく取れるため、汗や皮脂の分泌が多い首から胸の中央、背中の中央から洗いはじめます。

腕や脚は、先端から心臓に向かってマッサージするように洗うと、血流やリンパの流れを促し、むくみや疲れを和らげる効果にもなります。

あくまでやさしく洗い、潤いをなくしてしまう程、ゴシゴシ肌を擦りすぎないようにしましょう。洗い流すお湯は熱すぎると肌への刺激が強いため、38度くらいを目安にします。

デリケートゾーンは専用ソープで洗う

デリケートゾーンに専用ソープがあることをご存じですか?

雑菌の繁殖を防ぐためにも、専用ソープを泡立て、丁寧に洗います。専用ソープで洗うと臭いケアにもなります。

週に1度は、スクラブで角質ケア

ひじ、ひざ、かかと、太ももなどの古い角質がたまりやすい部分は、スクラブを使って洗います。

マッサージするように洗い、ゴシゴシ擦りすぎないようにしましょう。

タオルドライ

入浴後は、乾燥しないようにできるだけ浴室内で体の水分をバスタオルで拭き取ります。

細菌増殖による肌トラブルを避けるためには、毎日バスタオルを交換した方が良いとされています。パジャマもできるだけ毎日交換するようにすると良いでしょう。

保湿ケア

浴室から出たら、すぐに全身にボディクリームを塗ります。マッサージをしながら、ボディクリームを塗ると凝り固まった部分がほぐれて良いです。

ボディーケアおすすめ商品

ボディソープおすすめ

☟アルニカ花エキスと浸透性コラーゲンの美容成分配合。花の香りのボディソープです。

☟加齢や乾燥、刺激などによる敏感肌、かさつき、かゆみが気になる肌にも使えます。ボディローションとのお得なセットがおすすめです。

☟ニオイ菌をしっかり落とし、毛穴を引き締めニオイを抑える成分配合。ニオイの出にくい肌に育みます。

☟洗浄成分は肌に優しい20種類のアミノ酸、保湿成分は4種類のアロエベラエキスを配合。肌のバリア機能を守り、アロマ効果を与えます。

☟しっかり洗浄してニオイケア、殺菌ケア、バラの香りの薬用ボディソープです。2,450円(税別)でお試し頂けます。

デリケートゾーンおすすめソープ

☟4つの臭いケア成分と黒ずみケア成分、うるおい保湿配合。初回1,800円(税込)返金保証有でお試し頂けます。

☟モンドセレクション3年連続金賞受賞。テレビや雑誌でも話題。肌に優しい洗浄成分と保湿成分、美肌成分配合。

☟モンドセレクション4年連続受賞。低刺激な洗浄成分と保湿成分、厳選された植物エキスで作られた、敏感肌にやさしいボディソープです。

☟抗炎症作用のあるグリチルリチン酸ジカリウム配合。初回980円(税別)返金保証付でお試し頂けます。

ボディクリームおすすめ

☟3種の海藻エキスと6種の美容液成分、14種のハーブエキスを配合。引き締め効果と保湿効果に期待できます。

☟顔にも使えて、ニキビや肌荒れを防ぐグリチルリチル酸ジカリウムと、乾燥から肌を守る美容成分配合。

バストケアクリームおすすめ

☟バストケア成分とノーベル賞を受賞した美容成分配合。初回1,980円(税別)でお試し頂けます。

☟ハリと弾力、保湿ができるバスト専用クリーム。

レッグケアクリームおすすめ

☟ミネラルたっぷりの雪塩と3種の海藻エキス、10種の天然植物成分で脚を引き締めます。潤いとツヤを与える保湿成分も配合。

☟保湿に加えて、むくみやセルライトを徹底ケア。美容成分、植物由来成分、引き締め成分配合。テレビや雑誌で取り上げられ、モデルも愛用。

バンビミルク
間違ったボディケア方法では、年齢とともに取り返しのつかない肌のトラブルになるかもしれません。肌の洗浄効果やニオイケア、保湿ケアを考えて効果の高いボディケア商品を選ぶことが、おすすめです。
スポンサーリンク