コラーゲンとは?健康・美容への効果は?詳しく説明!

コラーゲンは、健康・美容に効果的と聞きますが、なぜ効果的なのか?知っていますか?

加齢とともに減少していくコラーゲン!健康、美容のためにも、30歳を過ぎたらコラーゲンを積極的に摂ることを考える必要があります。

そんなコラーゲンについて、どこよりもわかりやすく、コラーゲンの効果や摂取方法についても記事にしていますので、参考にして頂ければ嬉しいです。

コラーゲンとは?

コラーゲンはタンパク質の1種です。人間の身体をつくっているタンパク質の約30%をコラーゲンが占めています。

コラーゲンは、約40%が皮膚に、約10~20%が骨や軟骨に存在しています。良く耳にするように、コラーゲンは肌や足腰に関係していると言えます。

一般的に「コラーゲン」と表記されているものは、低分子化して水に溶けやすくし、身体への吸収性をよくした「コラーゲンペプチド」を指すことが多いです。

コラーゲンの効果とは?

肌への効果

肌の約70%をコラーゲンが占めています。また、コラーゲンが肌のヒアルロン酸の合成を促していると言われています。

そのため、コラーゲンは肌にうるおいとハリを与え、シミやそばかすへの改善にも効果的です。

髪への効果

コラーゲンを摂取することで髪の毛の太さが増します。

そのため、髪にコシが出て、まとまりやすく、ツヤや滑らかさが出て、指どおりが良くなると言う効果が出ています。

骨への効果

コラーゲンは骨にも含まれ、弾力性のある骨組み、組織をつくることに効果的です。加齢とともにコラーゲンが減ることで、骨がもろくなり、骨折しやすくなります。

コラーゲンは、骨の代謝を促進して、骨密度の維持、向上、そして骨質の改善にも役立つと言われています。

関節への効果

加齢により関節軟骨が変性して硬い状態なり、軟骨がすり減り、その土台となる骨も変形してしまうことで痛みが生じます。

コラーゲンは、関節軟骨の老化を予防でき、関節の炎症を抑え、膝の痛みや違和感を軽減する効果があると言われています。

筋肉への効果

筋肉量は30歳を過ぎると減少していくと言われていますが、コラーゲンを摂取することで、筋肉量の減少を抑え、維持する効果があると言われています。

スポンサーリンク

コラーゲン摂取と運動習慣が効果的?

筋肉は年齢に関係なく、鍛えることで量を増やすことができます。

そのため、きつい運動ではなく、家の中でできるスクワットや片脚立ちが推奨されています。

その他、ストレッチや体操、ウォーキングなども効果的です。

コラーゲン摂取と運動習慣は、筋肉や関節、骨などの運動機能の衰えを防ぎ、生活習慣病予防に効果的です。

コラーゲンの効果的な摂り方

コラーゲンの作用が認められる、1日の目安摂取量は、5g(5,000mg)から10g(10,000mg)がおすすめです。

通常の食品に含まれるコラーゲンはごくわずかで、普段の食事から1日5g~10gのコラーゲンを摂取するのは難しいため、サプリメントを活用することがオススメです。

コラーゲンのサプリメントは、タブレット、ドリンクなど色々なものが販売されているため、自分の好みやライフスタイルに合わせて選ぶと良いと思います。

また、コラーゲンの摂取は1度で効果が持続するわけではありませんので、継続して毎日の習慣として摂取することが大切です。

いかがでしたでしょうか?美容健康に良い効果をもたらすコラーゲン!摂っている人と摂っていない人ですと、今後大きな差が出てくるかもしれません。いつまでも元気に美しくいたいものですよね。そのためにも、コーラゲンを習慣的に摂取していきましょう。
スポンサーリンク