野菜不足を解消☆忙しくても野菜をしっかり取る方法

30代になり、健康診断や体調不良で、健康について以前より深く考えるようになった人は、多いのではないでしょうか?

健康を維持するために野菜不足は深刻な問題ですが、忙しかったり、一人暮らしだったり、なかなか上手く野菜を摂れていない人が多くなっているようです。

こちらでは、野菜に含まれる栄養や、野菜不足による健康障害などについて知って頂き、野菜不足を上手に解消して頂けたらと思います。

野菜不足になるのは、なぜ?

日本人は、かつて野菜や穀類、魚が中心の食生活をしていましたが、肉や加工品を中心とした食事が普及したため、最近では野菜不足になる人が多くなっています。

ファーストフードやインスタント食品、コンビニ弁当など手軽に食べられるものが増えたため、一人暮らしの人や忙しい人は、便利になる一方で野菜不足になりがちです。

野菜不足は、若い人に特に多く、日本全体でも60%以上の人が野菜不足になっています。

野菜に含まれる栄養

野菜には、ビタミンミネラル食物繊維などが含まれていて、これらは体内で生産できない栄養になっています。そのため、食事などで摂取できないと野菜不足になり、体の不調につながります。

野菜不足になると、どうなるのか?

腸内環境の悪化

野菜不足になると、善玉菌を増やすために必要な食物繊維が不足し、腸の動きを良くするビタミンも不足するため、下痢や便秘になりやすくなります。

肌荒れ

野菜不足によりビタミン、ミネラルなどが不足すると、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)が正常に行われなくなり、肌荒れの原因になります。

免疫力の低下

野菜に含まれるビタミンが不足すると、血行を良くしたり、身体の不調を修復したりする働きが悪くなります。また、野菜に含まれるミネラルも不足するため、免疫細胞を作ることができなくなります。

生活習慣病になる

野菜不足になると、高血圧や糖尿病、心筋梗塞などの生活習慣病の要因になる可能性があります。

野菜に含まれるカリウムは血圧を下げ、食物繊維は血糖値の上昇を防ぐ働きがあるため、生活習慣病予防に効果的です。

1日に必要な野菜は、どれくらいか?

1日に必要な野菜の摂取量の目安は、厚生労働省により350gと言われています。意識的に1日3食の中に、野菜を取り入れるようにしましょう。

出来るだけ野菜料理を作り、昼食はお弁当を持って行ったり、作り置きするなど、食生活を工夫してみるのも良いと思います。

その他、手軽に野菜を摂るために、野菜ジュースや野菜スープなどを生活に取り入れることもオススメです。

野菜ジュースおすすめ

☟コレステロールを下げて、野菜不足も解消できます。ほのかに甘みがあり、飲みやすく、1缶で約150gの野菜を補えます。

☟22種類の国産野菜、約260gの緑黄色野菜を凝縮した野菜ジュースです。

☟食物繊維と栄養たっぷりの100%国産人参、りんご、レモンを使用した食べる人参ジュースです。

青汁おすすめ

☟国産の大麦若葉を厳選し、1杯に150億個の乳酸菌とビタミンC配合。1杯わずか65円です。

☟モンドセレクション銀賞受賞。21種類の九州産の野菜を使い、野菜嫌いでもゴクゴク飲める青汁になっています。全額返金保証で、安心してお試し頂けます。

☟栄養価の高い日本原産のスーパーフード、明日葉を使用。満足度90%以上で、全額返金保証付きです。

☟モンドセレクション受賞歴有。ヒアルロン酸など4種類の美容成分配合で、美肌を目指す青汁。

青汁畑

野菜の宅配おすすめ

☟冷凍で届き、レンジでチンするだけの手軽さで、1/2日分の15種類以上の野菜が摂れます。種類も豊富で、楽しみながら野菜不足解消。

ベジ活スープ食

☟レンジでチンするだけで、栄養満点の国産野菜100%スープを手軽に頂けます。忙しい毎日でも、美味しく野菜をプラス。

野菜不足は、思った以上に美容、健康に影響を与える深刻な問題だと、改めて感じましたね。忙しくても、手軽に野菜を摂れる方法が沢山ありますので、ぜひ参考にして頂けたら嬉しいです。
スポンサーリンク