喉に良いものをご紹介

「声が出ない」「喉が痛い」「声を使う仕事だから喉を労りたい」と言う方、「喉に良いもの」「喉に効くもの」を知りたいですよね。

こちらでは、長年「機能性発声障害」と言う病気と戦い、声を労ってきた私が、調べて、実践してきたものをご紹介したいと思います。

「機能性発声障害」についてはこちら

実際「機能性発声障害」は「発声障害」なので治すための効果には、直接つながらなかったかもしれませんが、「喉に良いもの」「喉に効くもの」を実践してから、喉が痛くなったり、風邪をひいたりすることは少なくなりました。

すぐに実践できるものが多くなっていますので、ぜひ読んで頂ければと思います。

のど飴を舐める

軽度の喉の痛みや、喉の違和感を緩和するなら、のど飴を舐めて改善されることもあります。

私は、日常や旅行の時も、常にのど飴を持ち歩いて、喉の乾燥が気になる時は舐めています。

私の特におすすめは、龍角散ののどすっきり飴とマヌカハニー飴です。

喉に良い成分が入っているので、喉がスッキリします。

マスクをする

乾燥する季節は特に、ウイルス感染予防と喉の加湿に効きます。

夏はクーラーが効いているところ、冬は乾燥した室外で、特に喉を守るために、マスクをつけることをオススメします。

マスクをつけて寝れば、朝目覚めて喉が痛いと言うことも防げます。

ボーカリストやアナウンサーの方もそうかもしれませんが、私は基本的に外出時や職場社内にいる時は、一年中マスクをつけて生活をしています。

使い捨てマスクも良いですが、呼吸が楽で洗うこともできるPITTAマスク(ピッタマスク)もオススメです。

鼻うがいをする

外出先から戻った時の手洗い、うがいはもちろんですが、鼻うがいもオススメです。

鼻と喉の炎症やイガイガ、花粉症の方にも効くそうです。

私は、ハナノアと言う鼻うがい専用の洗浄液を使って、朝起きてからと帰宅してからの1日2回洗浄しています。

ハナノアは、鼻の奥に付着した花粉や雑菌を洗い流してくれて、鼻にしみない専用洗浄液になっています。

はちみつ、マヌカハニーを舐める

喉に良いと言われている、はちみつでも良いですが、殺菌作用と抗菌効果が特に高いと言われている、マヌカハニーを舐めるのがオススメです。

マヌカハニーは、はちみつより、もっと甘くて、少しお値段が高くなりますが、「ピロリ菌」や「大腸菌」等の殺菌、抗菌作用が高く、消化器官の症状にも良いと言われています。

また、ビタミン、カルシウム、アミノ酸等も含まれていて、栄養補給もでき、健康に良いとされています。

MGO数値の高いものが、より抗菌作用が高いと言われています。

紅茶やハーブティー、ヨーグルト、トースト等と一緒に食べるのが、オススメです。

スロートティーを飲む

「スロートティー」とは、薬用のオーガニックティーになります。

こちらの成分に喉の痛みや炎症を抑えてくれる成分が入っています。

ティーバックタイプなので、手軽に飲めるのも良いですね。

メーカーによって、味と香りが異なりますが、私は、ヨギティーのほんのり甘い味が好きで、良く飲んでいます。

加湿器を使う

乾燥している日は加湿器、加湿空気清浄機を使うと良いです。

部屋に湿度計を置いておくと、エアコンの効いた部屋等で、湿度が低いことをすぐに確認できるので、おススメです。

私は、温度計と湿度計のついたデジタル時計が部屋にあるので、湿度が50%を下回る時は、加湿器を必ずつけています。

私は、シャープの加湿器付き空気清浄機を使っています。

吸入する

吸入器を使って直接喉を加湿します。

私は、吸入器を2台持っていて、寒い季節は、パナソニックの暖かい水蒸気が出る吸入器を、夏はA&Dの食塩も入れられて常温の水蒸気が出る吸入器を使っています。

朝と夜の1日2回吸入をしています。ちなみに吸入器は、肌も加湿されて潤うため、喉と鼻、肌にも良い1石3鳥なんです(笑)

季節の変わり目は、特に風邪等引きやすく、体調を崩す方も多いと思いますので、日頃の喉のケアは、健康維持にも大事だと思います。ぜひ、参考にして頂けたら嬉しいです。
スポンサーリンク