栃木県日帰りバスツアー☆いちご狩り&日光東照宮&東武ワールドスクエア満喫

行きたいプランを選んで予約するだけで、観光地にバスで連れて行ってくれるバスツアーは、自由度は少ないですが、旅を計画することを考えれば楽ちん、便利ですよね。

バスツアーなら年老いてからも、歩く距離が少ないので利用する方が多いと思います。でも、旅を計画する時間を省けることで、若い方にも人気なんです。

私が日帰りバスツアーを利用するとき)私が日帰りバスツアーを利用するときは、いちご狩りや、さくらんぼ狩り、梨狩り等、果物狩りが目的のことが多いです。なぜかと言うと、そういった果物狩り施設は、公共交通機関だけで行くには不便な場所が多く、車を持っていない私はなかなか行くことができないからです。

ここでは、私が母と2人で1月に参加した、オリオンツアーの日帰りバスツアーでの体験を紹介したいと思います。

実は、HISで同じような日帰りバスツアーを予約していたのですが、催行人数に達しなかったため中止となり、行先やプランがそっくりなオリオンツアーに、出発1週間前に予約しなおしたのでした。

朝9時半頃に、新宿センタービル正面玄関前で待ち合わせて、青い背景に黄色いお馴染みの星マークの書いてあるオリオンバスに乗り込んで、いざ出発です。

ツアー参加者は、老夫婦や女子グループ、子連れ親子、おばあちゃんと孫等、色々でした。

いちご狩り☆プレミアムいちご(スカイベリー)を食べ放題

バスツアーで何回も来ている「いちごの里」に来ました。今回は、駐車場から少し歩いてビニールハウスに移動しました。

「いちごの里」公式HPはこちら

前回の経験から、ビニールハウスの中は暖かく、コートを着ていると暑くなり、いちご狩りをするには、汁が飛び散ったりして、邪魔になるため、コートはバスの中に置いて行きました。

15人程ずつ各ビニールハウスに分けられ、いちごのへたを入れる紙コップを貰って、いちご狩りがスタートしました。スカイベリーは、いちごの中でも特に大きくて甘い品種と言われています。

今回は、そのスカイベリーだけの食べ放題でした。いちごは、見ているだけでも赤くてカワイイですし、2つつながった双子いちご等おもしろい形のいちごを見つけたり、食べてはインスタ映えする写真を沢山撮って楽しみました。

へたの部分が白いものは、すっぱいですが、先の赤いものは、甘くて美味しかったです。お腹いっぱいになって、駐車場に戻り、トイレ休憩とお土産を買って、バスに戻りました。

これだけの大粒イチゴは、スーパーではなかなか売っていないんですよね。

普通のいちごより、大きくて甘くて美味しい、スカイベリーをぜひ、試してみて下さい!

posted with カエレバ

そのときです。事件が起きました。

なんと、バスツアーの20代くらいの女子3人グループの1人が、駐車場に止めてあった自家用車に「ぶつかって謝りもしない」と、60代くらいのおばさんが、バスの入り口前で怒鳴りつけてきたのです。

しばらく、添乗員さんを含めて話合いをバスの外でしていましたが、らちが明かず、出発時間を過ぎてしまったため、女子3人をその場に残し、バスは出発することになりました。

添乗員さんの説明ですと、自家用車にぶつかったと言われた女子は、「ぶつかっていない」と言っていて、互いの意見が食い違っているため、警察を呼んで、間に入ってもらい、話し合いをしてもらうとのことでした。

私は、バスツアーに何回も参加したことがありますが、こんな事件に巻き込まれたのは、はじめてだったためビックリしました。

おいしい宇都宮餃子「さつき」で昼食

古民家風の宇都宮餃子のお店「さつき」に到着しました。いちごを食べて、長いことバスに乗っていたこともあり、3か所しかないトイレに行列ができていました(笑)

畳の部屋に餃子定食が、ずらっと並べられていました。スープ餃子2つは、もっちり中がジューシーで、焼き餃子6つはパリパリで、美味しくてあっと言う間に食べてしまいました。あ~もう少し食べたかったです。

そして、デザート餃子が1つあったのですが、中にはあんず?のようなものが入っていて、正直これはあまり美味しくなかったです。

宇都宮餃子、ぜひ食べてみて下さい!

posted with カエレバ

残念ながら、畳の座敷に隣との間隔がせまい状態で、テーブルが並べられていたため、正座で足は痛くなるし、せまいしで、あまりゆっくりできず、皆食べたらトイレを済ませて退散していました。

女子3人分の昼食は食べられることなく、片付けられてしまいました。

世界遺産☆日光東照宮周辺を散策

日光東照宮も、なかなか電車では行きにくい場所なので、いつもバスツアーで来ているような気がします。お土産屋さんの入った建物の駐車場から、日光散策スタートです。

縁結びで有名な二荒山神社」を参拝

「二荒山神社(ふたあらさんじんじゃ)」公式HPはこちら

二荒山神社まで、ゆるい坂を上って行くのですが、大きな木で囲まれているせいか、日がほとんど当たらず、寒く感じました。

鳥居をくぐって、ゆるく長い階段を上ると、赤い拝殿が見え、参拝し、御朱印を頂きました。

続いて、横道から日光東照宮に向かいました。

大修理が終わった世界遺産「日光東照宮」を参拝

「日光東照宮」公式HPはこちら

こちらに入るには拝観料大人1,300円、小中学生450円がかかります。他にも、宝物館入館料とのセット券もあるそうですので、詳しくは、上記HPをご覧ください。

しかし、拝観料をとられるなんて珍しいですよね。

「見ざる、言わざる、聞かざる」の「三猿」の彫刻は、猿の顔がそれぞれ違うので、おもしろいです。また、境内の建物は、細かい彫刻が沢山施されていて、本当に素晴らしいですね。

金色の陽明門は、以前来たとき、修理途中だったので残念だったのですが、今回は44年ぶりの修理が終わったと言うことで、綺麗になっていました。1月だったため、境内には少しだけ雪も残っていました。

拝殿には、靴を脱いで、段差の高い階段を上って参拝しました。そして、書置きの御朱印を頂きました。帰りの境内で、私の大好きな甘酒を売っている屋台があったのですが、残念ながら店締めしているところでした。

日光東照宮から、お土産を買いつつ駐車場に向かいました。お土産には、日光で有名な金粉カステラを買いました。

バスに戻るとトラブルに巻き込まれた、女子3人が戻って来ていました。添乗員さんの話によると、ドライブレコーダーなどで警察に検証してもらったところ、女子は自家用車に全くぶつかっていなかったそうです。

相手の自家用車のおばさんは、すごい剣幕で怒鳴り散らしていましたが、結局ただの思い込みだったようです。何もしていないのに、昼食も食べられず、ツアーの時間もなくなり、楽しい旅行になるはずが、嫌な思いまでさせられて、女子3人組は本当にかわいそうだな~と思いました。

「日光おかき工房」で、おかきの試食し放題

しょうゆ味、カレー味、わさび味、ざらめなど、どれを買うか迷ってしまうほど沢山のおかきがありました。色々な種類のお茶が入った給湯器のお茶も自由に飲めるので、おかきを試食しながら、おいしいお茶も頂きました。

こう言う場所もバスツアーでないと、なかなか来られない場所なので嬉しいですね。

日光おかき、ぜひ食べてみて下さい!

posted with カエレバ

ミニチュアサイズの世界一周「東武ワールドスクウェア」を満喫

「東武ワールドスクウェア」公式HPはこちら

鬼怒川の「東武ワールドスクウェア」も来るのは、3回目程ですが、こちらも電車では、なかなか行きにくい場所にあります。でも、イルミネーションを見るのは、はじめてでした。

寒い平日だったせいか、私達のオリオンツアーバス1台のツアー客だけの貸し切りでした。以前来た時と違うのは、東京スカイツリーが仲間入りしていたことです。東京に住んでいる私は、本物の方が、いつでも見れるのですがね。

でも、やっぱり1時間ちょっとの滞在時間では、ゆっくり見る時間はなく、急ぎ足でまわって見る感じになってしまいました。

ダウンコートにブーツ、帽子と防寒対策はしていったので、寒さは感じませんでしたが、他のツアー客の方は、寒さに耐えられず、外を見て回ることを断念している人もいました。

結構、辺りが真っ暗で道に迷いそうでしたが、ライトアップされた世界の建造物を見るのは、楽しかったです。旅行好きなので、日本の建造物は、「ここ行ったことある」と見つけたり、海外の建造物は、いつか本物を見に行ってみたいな~と思いました。

あっと言う間に時間が過ぎ、お土産を買って、バスに戻りました。大体、新宿に夜の9時頃到着して、解散となりました。

たった一日の日帰りバスツアーで、栃木県の観光名所を色々回れたのは、大満足でした。

こちらの日帰りバスツアーは、オリオンツアーで、いちご狩り料金、東武ワールドスクウェア入園料込みで、大人1人9,480円でした。

なかなか都内に住んでいて、車のない方は、普段電車では行きにくいところに、バスツアーで出かけてみるのは、いかがでしょうか?滞在時間が短かったり、フリープランの旅行よりは自由度が低いですが、色々な種類のバスツアーがありますので、探してみるのも良いのではないでしょうか?
スポンサーリンク