旅行プランの立て方(AITAKAオリジナル)上手にスケジュールを組む方法を伝授

旅行のプランを立てるのに、何から手をつけて良いのか?わからないと言う方、いらっしゃいますよね。

こちらでは、私AITAKAが、いつもやっている旅行プランの立て方をご紹介致します。

誰でも簡単、旅行の計画を立ててみましょう!

例として、福岡旅行のプランを立てたときのことを、参考に見ていきましょう。

①旅行に行く日にちを決める

仕事をしている人なら、休みの日、有休を取る日等、まずは旅行に行く日にちを決めましょう。

私は有休を使って、平日の1泊2日で旅行することにしました。

②行き先を決める

私は、九州地方に行きたかったので、女子に人気な福岡県に行くことに決めました。

女子一人旅☆人気のおすすめエリアはこちらを参考にどうぞ!

③観光先を決める

福岡県の観光名所を調べて、興味のある名所をノートに箇条書きで書いてみます。

各名所のホームページ等を見て、行き方や場所を調べてメモしていきます。

④到着駅、到着空港を決める

大体の観光する場所から、交通手段を考えます。

新幹線で行く場合、どこの駅が到着駅か?飛行機で行く場合、どこの空港に到着するか?が見えてきます。

今回は、東京から福岡へ行くため、新幹線と言う選択肢はなく、北九州空港か福岡空港になりますが、観光で行きたい場所が、博多駅周辺であったため、福岡空港を到着駅に決めました。

⑤1日目と2日目で、それぞれの行き先を決める

おおまかな観光場所を図に書いてみて、位置関係を把握します。

行き先を1日目に行く観光地、2日目に行く観光地と言う風に、グループ分けしていきます。あっち行ったり、こっち行ったりと言うことがないように、近いエリアの観光地を同じ日にまわるようにします。

観光先をおおまかに決めておくのは、なぜか?と言うと、宿泊先を決めるためです。

宿泊先が、空港や観光先から離れていたら不便なので、時間ロスしないように決めておきます。

⑥旅行会社のプランを調べて、予約する

おおまかな観光先と到着空港から、私はいつも「飛行機+ホテル」プランで、旅行の予約をします。

特に良く使っている旅行サイトがるるぶトラベルです。

1、宿泊先を決める

私は、各旅行サイトの「飛行機+ホテル」プランにあるホテルの中から、選んでいきます。 

今回は、行きたい観光地からも福岡空港からも近い、博多駅近くにあるホテルに宿泊することに決めました。

私が宿泊先を決める時に重視していることは、できるだけ駅から近いことと、温泉もしくは大浴場があることです。駅から遠くても、送迎バスがあったり、バスからのアクセスが良ければ検討します。

ホテルのホームページや口コミを見比べて、できるだけ安くて、良いと思うホテルを選びます。一人旅では、食事付きかどうか?は、あまり重視していません。

今回は、私の希望通り、博多駅から徒歩5分と言う駅近で、温泉もあり、レディースシングルルームもあり、ホテル内の写真も綺麗だったので、「西鉄ホテルクルーム博多」に決めました。

「るるぶトラベル」で予約した旅行料金ですが、羽田空港~福岡空港の往復航空券と「西鉄ホテルクルーム」1泊宿泊費、食事なしの1泊2日で、37,200円でした。

2、飛行機の発着時間を決める

私は、いつも観光時間をたっぷりとれるように、朝早く出発して、夜遅く到着する飛行機時間を選びます。

詳しくは、出発時間は最寄り駅の始発から行けることと、前日は仕事があるため、無理をしすぎず起きれる時間を考慮して決めます。

到着時間も、次の日仕事があるため、遅すぎず、家に到着してから、荷物整理をして、入浴して、就寝し、睡眠時間もしっかりとれることを考慮して決めます。

3、旅行サイトの画面から、「良いな!」と思ったプランがあれば、なくなってしまう前に、ネット予約はできるだけ早く行います。また、飛行機の座席も、早めに決めておきます。

⑥時間系列で旅行プランを組み立てる

観光地の営業時間等も調べて、観光地のまわり方を決めます。私は、いつも旅行にも持ち運べるB6サイズのメモ帳に、旅行プランを時系列で書いて旅先に持って行きます。

神社等は、明るいうちに参拝した方が良いので、なるべく早い時間帯に行くようにしています。

いつも色々な組み合わせを、何パターンも考えて決めています。

今回は、おおまかに「太宰府天満宮」、「福岡タワー」、「大濠公園」、「マリンワールド」の4か所を2日に分けることにして、組み立てていきました。

まず、「福岡タワー」はイルミネーションが見たかったので、1日目の夕方に、1日目はたまたま天皇即位の日であったため、「太宰府天満宮」に行きたいと思い、1日目のプランが決まりました。

まずは、福岡空港に着いてから乗る電車やバスの時間、行動等も計画しておきます。いくつか時間を書いているのは、現地に着いてみないと、どの電車やバスに乗れるか?わからないので、時刻表のように書いておきます。

また、交通費や入場料も事前に調べて書いておきます。入場料の割引プラン等があったり、事前購入が可能な観光地のチケットは、事前に準備しておきます。

「大宰府天満宮」の近くに、令和ゆかりの地「坂本八幡宮」もあったため、一緒に立ち寄ることにしました。観光地での滞在時間も、口コミ等を参考に、おおまかに考えておきます。

食事場所は、できるだけ観光地から近い場所で考えます。今回は、お昼頃に太宰府天満宮に着く予定であったため、「太宰府天満宮」に向かう参道で、大宰府バーガーと梅ケ枝餅を食べようと思っていました。

抹茶セットは、結局食べれなかったので、当日の状況を見て、計画通りいかないこともあります。

そして、夕方からは、「ももち海浜公園」と「福岡タワー」に行くプランを立てました。

それから、博多駅のホテルに戻るバスやバス乗り場も調べておきました。「キャナルシティ博多」で夕飯を食べるラーメン屋さんも、決めておきました。

2日目は、「櫛田神社」に寄ってから、「福岡城跡」と「大濠公園」に行くことにしました。

近くのお昼ご飯を食べる場所も調べて、「魚助食堂」に決めました。食事時間は、約1時間程取りました。

博多駅から海の中道に行く電車は、「マリンワールド海の中道」で十分滞在できる時間を考えて、12:49に間に合うように行動しようと決めていました。当日は、かなり時間がなくパツパツな行動をとりました(笑)

「マリンワールド海の中道」での、イルカショーの時間も調べておきました。滞在時間を3時間たっぷりとって、博多駅に戻りました。帰りの電車に時間も、何パターンか調べておきました。

事前に電車やバスの時間を調べておくと、無駄な時間がなくなります。

そして、福岡空港で、飛行機の時間に間に合うように、夕食を済ませて帰りました。

AITAKAが旅した福岡県1泊2日のモデルコースはこちら⇒1日目2日目

いかがだったでしょうか?

当日は、計画通りになるべく進めますが、現地に行って、計画していたものより、たとえば良い食事先を見つけたりしたら、そちらにしたり、臨機応変に行動します。

最初の一人旅は、慣れないのでドギマギしてしまい、肩の力が入っている感じでしたが、何回も一人旅を経験すると、計画通りに行かないことも楽しめるようになりました。事前準備は、必要ですが、それ以上に旅を楽しむことが大事だと思います。少しでも参考にして、楽しい旅行の計画を立てて頂けたら嬉しいです。
スポンサーリンク