ストレス解消方法☆上手にストレスとつきあう習慣

自分では無理しているつもりはなくても、いつの間にか気持ちに余裕がなくなったり、体調不良に陥ったりしたことはありませんか?

「もっと上手くストレスとつきあって、生活できれば良いのに・・・」と思ったこと、誰にでもあるのではないでしょうか?

こちらの記事では、ストレスの本質を知って頂き、ストレスを溜めない方法や、ストレスを抱えてしまったときの解消法について解説しています。

ストレスフリーで、心も身体も健康な生活を送るための、参考になれば嬉しいです。

ストレスとは?

ストレスとは、外部からのさまざまな刺激によって、身体や心に負担がかかり、緊張状態になることです。また、刺激に対する身体や心の防衛反応のことも言います。

そして、ストレスには2種類あり、「良いストレス」と「悪いストレス」があります。

「良いストレス」は、夢や目標、良い人間関係など、自分をやる気にさせてくれる刺激をもたらすことです。

「悪いストレス」は、疲労、不安、身体と心の不調、やる気をなくす等の症状が起こることです。

世間的に言われているストレスとは、主に「悪いストレス」のことを指して言うことが一般的です。

ストレスの原因は?

ストレスの原因で1番多いと言われているのが、人間関係です。その他にも、就職や結婚、出産など、日常生活の変化が刺激となり、ストレスを感じる原因になることもあります。

天候や騒音などの環境によるストレス、病気や睡眠不足、食欲不良などによる身体的ストレス、不安や悩みなどによる心理的ストレス、職場の人間関係や勤務体制などによる社会的ストレスなども原因としてあげられます。

嫌な気分になることがストレスの原因である場合は、ストレスの原因が何か?気づいている人がほとんどだと思います。

しかし、日常生活の変化によるストレスは、気づきにくいかもしれませんので、まずはストレスの原因をしっかり把握することが大切です。

ストレスが溜まると、どうなるのか?

ストレスは、血圧を上昇させたり、血液を固まらせやすくしたりすることで、脳卒中や心筋梗塞を起こしやすくすると言われています。

また、ストレスが原因でうつ病や不安神経症、パニック障害、摂食障害、アルコール依存症などの病気になることがあります。

ストレスのサインとは?

ストレスサインは人それぞれ違うと思いますが、いつもより疲れが溜まっていると感じたり、気持ちが落ち込んだり、頭痛、腹痛などの症状が表れたときには、無理をせず、休息をとることが大切です。

無理して残業したり、仕事帰りに飲みに行ったりせず、早めに帰宅し、入浴と食事を済ませ、眠りにつくなど、心と身体を休ませるようにしましょう。

ストレスサインに気づき、早めに対応することが何よりも大切です。

ストレスを感じない人っているの?

世の中にはストレスを感じやすい人と感じにくい人がいて、ストレスを感じにくい人をうらやましく思うこともあるかもしれません。

しかし、プラス思考や心が強くてストレスを感じにくい人は良いと思いますが、感じとる能力が低く空気が読めないことでストレスを感じにくい人は、逆に他人にストレスを与えている人が多く、良いとは言えません。

ストレス解消方法

ストレスを解消する方法として、ストレスとなっている原因から距離をとることが大事だと思います。

頭で嫌なことをグルグル考えていても解決しないのなら、ストレスの原因となっていることを、きれいさっぱり忘れるくらい違うことに没頭したり、違う場所に行ったりすることが良いのではないでしょうか?

適度な運動をする

適度な運動をすることで、脳が刺激され、気分転換になります。嫌なことを忘れられたり、不安やイライラから解放されたりする効果もあります。

合わせて読みたい!「適度な運動のすすめ」はこちら

映画やドラマを観る

映画やドラマの物語に没頭することで、ストレスを忘れることができます。特に泣ける映画やドラマで、涙を流した後は、スッキリした気分になります。

胸キュン映画(邦画)特集はこちら

胸キュンドラマ特集はこちら

歌を歌う

声を出すことで、気分がスッキリする効果があります。

特に、自分の気持ちを代弁したような歌詞を思いっきり歌うことで、気持ちがスッキリすると思います。

旅行に行く

旅行に行くことで、ストレスを感じている日常から離れることができ、気分転換になります。

特に一人旅は、誰かに気を使うこともなく自由気ままに過ごせるので、おすすめです。

ストレスと上手に付き合う習慣

プラス思考を身につける

自分に都合よく考えるプラス思考を身につければ、嫌な気分になったり、落ち込んだり、不安になったりすることは少なくなると思います。

最初は慣れないかもしれませんが、マイナス感情が生まれたときに無理やりプラス思考で考え、自分に言い聞かせていくことで、少しずつプラス思考にしていきましょう。

他人に期待しない、諦める

他人に期待することで、イライラすることは多いと思います。最初から他人に期待することなく、諦めてしまえば、ストレスも少なくて済みます。

また、わかり合えない人と無理やりわかり合おうとすることもストレスなので、あからさまな態度はよくありませんが、理解することを諦めてしまいましょう。

努力はいつも報われるものではない

努力をしているのに報われないときや、思い通りにならないとき、ストレスを感じることはありますよね。

【努力なくして成功はないけれど、努力は必ず報われるものではない】と、最初から思いましょう。

他人と比べない

自分と他人を比べて、他人の方が幸せに感じたり、自分が劣っていると感じたりすることでストレスを感じることもあるかもしれません。

人それぞれ良いときも悪いときもあります。他人と比べることより、自分の人生をより楽しくする方法や、幸せに過ごす方法を考えることの方が大事です。

逃げるは恥ではない

今いる環境がストレスとなり、自分を苦しめているのであれば、逃げることも恥ではありません。

嫌な気分で過ごす日々の方が、人生の大切な時間を無駄にしていると思いませんか?

よく考えて行動することは大切ですが、逃げることでストレスから解放されるのであれば、思い切って行動してみましょう。

効果的なストレス解消法は人それぞれ違うと思いますが、好きなことや集中できる何かに没頭して、嫌な気分やストレスから解放されることが一番良いと思います。また、自分の都合の良いように考えるプラス思考を普段から習慣づけることで、ストレスを感じにくくなると思います。ストレスと上手につきあって、健康的な心と身体で生活していく参考になれば嬉しいです。
スポンサーリンク